RBオデッセイカスタム日記

オデッセイRB1アブソルートに取り付けているパーツ、欲しいパーツ、気になるパーツを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレトム インテリアバー KA-30

タイヤ交換のため、近所のYHに行ってきました。

交換作業の待ち時間の間、店内をウロウロしていると、こんなものを発見!


クレトム インテリアバー KA30


最初は何か分からなかったのですが、よくよく見ると・・・



こんな感じに、左右のアシストグリップに取り付けることができるバーです。


オデッセイは、アシストグリップにハンガーを引っ掛けるフックがついているものの、純正の状態では右側にしか付いていません。

これまで、ディーラーで、右側用のアシストグリップを取り寄せてもらい、左右フック付きの状態にして使っていたのですが、前々から、左右方向のバーが欲しいと思っていました。

突っ張り棒なども試したのですが、うまく固定できず困っていました。


実際に取り付けた感じですが、残念ながら取り付け後に前後に動いてしまいました。

アシストグリップが稼動式であることと材質がプラスチックであるためのようです。

このインテリアバー、なかなかの優れもので、フックに引っ掛けて装着するための鉄製の輪っか(?)も付いています。

そこで、ホームセンターで売っている太い輪ゴムを使い、この輪っかとグリップに引っ掛けるフックを、アシストグリップを挟み込むように固定してみたところ、手で揺すっても揺れないレベルまで固定することができました。

十分実用に耐えられそうです。


インテリアバーのオプションとして、ハンガーストッパー(KA-37)やクッションプロテクター(KA-38)といったものがあるようです。

 

値段もお手頃ですし、組み合わせて使うことで、可能性が広がりそうです。


ブログランキング参加中!
スポンサーサイト

テーマ:改造日記 - ジャンル:車・バイク

カーメイト RV-INNO ローダウンクルーザー(両側開閉モデル)

夏の間取り外していた、THULEのルーフボックスを半年振りに取り付けてみると、上蓋側にひび割れが発生していました。

購入して4年、今年の夏は、燃費向上のため取り外しましたが、それまでは夏も冬も、酷使してきたため、前から狙っていた RV-INNO のローダウンクルーザーを購入しました。

↓購入したのは、パールホワイトのモデルです。


↓ネットで調べると、シルバーが最安らしいです。


↓その他のカラーとして、ブラックもあります。




購入したのは、両側開閉モデルという、右からも左からも開け閉めできるモデルです。

基本的には左側からしか荷物を載せることはないので、両側開閉は必要ない!と、これまで思っていました。

が、いざ両側開閉モデルを購入してみると、意外なメリットを発見しました。

ベースキャリアに取り付ける際に、非常に便利なんですよ。

ほとんどのルーフボックスは、前後左右の4箇所で、キャリアに固定します。

その際、奥(左開閉モデルの場合、車両右側)の2箇所は、手が届き難く、一人で取り付けるのは結構大変です。

両側とも開閉できるルーフボックスなら、奥の2箇所を締め付ける場合、右側からボックスを開けると簡単に締め付けが可能です。

取付後の感想は、やっぱり低い!

全高も180cm程度に収まっていそうです。190cmの立体駐車場なら問題ないと思われます。

収納可能寸法も、長さ190cm×幅70cm、高さ20cmとなっており、実際に中を覗いた感じも予想に反し大きく、手放せないアイテムとなりました。


ブログランキング参加中!

テーマ:ドレスアップ - ジャンル:車・バイク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。