RBオデッセイカスタム日記

オデッセイRB1アブソルートに取り付けているパーツ、欲しいパーツ、気になるパーツを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラズマクラスターイオン発生機車載タイプ

久々のMyヒット商品です!

CMでもおなじみのシャープのプラズマクラスター、イオン発生機の車載タイプです。



車の中の気になる臭いがなくなるんです。

普通、タバコを吸っていた車は、臭いが残ってしまっているのですが、これを置いてからは、臭いが気にならなくなりました。

臭いだけでなく、雑菌も除去してくれるそうです。


専門的なことはよく分かりませんが、シャープのホームページの内容を要約すると、、、

プラズマ放電により、自然界にあるプラスイオンとマイナスイオンを人工的に作り出し放出する技術が「プラズマクラスター」だそうです。

その「プラズマクラスター」が、浮遊ウイルスを抑制、アレル物質、カビ菌、ニオイを分解・除去するんだとか。


臭いの気になる中古車なんかにも、効果抜群だと思われます。

ドリンクホルダーにピッタリはまる大きさなので、テープやネジを使った固定は不要です。

車のエンジンのON/OFFに連動して動作するので、バッテリーへの負担もありません。

プラズマクラスターイオン発生ユニットは、簡単に交換可能なカセット式が採用されており、交換時期になると本体のランプが点滅して交換時期をお知らせしてくれるとのこと。

車の空気清浄機って、高級車なんかのディーラーオプションのようなイメージがあったのですが、これなら値段も設置もかなり手軽で、効果も実感できます。

ブログランキング参加中!
スポンサーサイト

テーマ:カー用品 - ジャンル:車・バイク

遮光防水プライバシーサンシェード

快適な車中泊をするため、遮光プライバシーサンシェードなるものを購入しました。


■オデッセイRB1/2系カーテンいらず遮光防水プライバシーサンシェード

RB1/2 の場合、各ウィンドウが丸みを帯びているため、カーテンを取り付けても、隙間ができてしまったり、カーテンを開けたときにスマートに収納できなかったりします。

趣味職人という会社から発売されている、このサンシェードは、車種別の専用設計なので、ジャストフィット。ほとんど隙間無く、装着することができます。

吸盤を使用して窓に貼り付けるタイプですので、使わないときは折りたたんで収納することもできます。

リアウィンドウ5面のみとなりますが、外からの視界をシャットアウトすることができますし、断熱性もあるので、無駄にアイドリングすることなく快適な車中泊ができるようになりました。

価格も、税込み13,800円と、カーテンに比べてお手頃価格です。

ブログランキング参加中!

より快適な車中泊を求める方にはこちら↓

  

  



テーマ:カー用品 - ジャンル:車・バイク

クレトム インテリアバー KA-30

タイヤ交換のため、近所のYHに行ってきました。

交換作業の待ち時間の間、店内をウロウロしていると、こんなものを発見!


クレトム インテリアバー KA30


最初は何か分からなかったのですが、よくよく見ると・・・



こんな感じに、左右のアシストグリップに取り付けることができるバーです。


オデッセイは、アシストグリップにハンガーを引っ掛けるフックがついているものの、純正の状態では右側にしか付いていません。

これまで、ディーラーで、右側用のアシストグリップを取り寄せてもらい、左右フック付きの状態にして使っていたのですが、前々から、左右方向のバーが欲しいと思っていました。

突っ張り棒なども試したのですが、うまく固定できず困っていました。


実際に取り付けた感じですが、残念ながら取り付け後に前後に動いてしまいました。

アシストグリップが稼動式であることと材質がプラスチックであるためのようです。

このインテリアバー、なかなかの優れもので、フックに引っ掛けて装着するための鉄製の輪っか(?)も付いています。

そこで、ホームセンターで売っている太い輪ゴムを使い、この輪っかとグリップに引っ掛けるフックを、アシストグリップを挟み込むように固定してみたところ、手で揺すっても揺れないレベルまで固定することができました。

十分実用に耐えられそうです。


インテリアバーのオプションとして、ハンガーストッパー(KA-37)やクッションプロテクター(KA-38)といったものがあるようです。

 

値段もお手頃ですし、組み合わせて使うことで、可能性が広がりそうです。


ブログランキング参加中!

テーマ:改造日記 - ジャンル:車・バイク

ギャルソン D.A.D ラグジュアリースピーカーグリル

ギャルソン D.A.D のラグジュアリースピーカーグリルです。

ギャルソン ラグジュアリースピーカーグリル(木目・カラー) オデッセイ(RB1/2)

最近、弄り資金が不足気味で、カスタム日記にも関わらず、欲しいものリストになりつつあります(ToT)

そして今日も、欲しいもの。

品質の良さで私オススメのギャルソン D.A.D 製、ラグジュアリースピーカーグリルです。

プラスチック感むき出しのフロントドアパネル下部に両面テープで貼り付けるだけの簡単取り付け。

それでいて高級感がアップする優れものです。

ギャルソン製品はホンダ純正近似木目が選べるため、ホンダ車の高級感アップには威力を発揮します。

お値段は若干上がりますが、木目以外にクロームもあります。

でも、やっぱアブソルートなら黒木目かなぁ~。

ブログランキング参加中!

テーマ:改造日記 - ジャンル:車・バイク

ギャルソン DAD シフトゲートパネル

フロントテーブルの次は、同じくギャルソン DAD のシフトゲートパネルです。

ギャルソン ラグジュアリーインテリアパネル オデッセイ RB1/2 シフトゲートパネル (木目・カラー)

メーカーオプションのナビ、オーディオを装着した場合、センターコントロールパネル部分は木目調ではなくなってしまいます。

木目調パネルはディーラーオプションとしても発売されていますが、この部分はありません。

アフターパーツとして数社からこの部分の木目調パネルが発売されておりますが、常に目に入る部分だけに質の良いものを取り付けたいと思い、ギャルソン製を選択しました。

インテリアの中心の目立つ部分のパーツだけに満足度の高いパーツです。


テーマ:ドレスアップ - ジャンル:車・バイク

ギャルソン DAD フロントテーブル

ギャルソン DAD の RB オデッセイ用フロントテーブルです。

ダッシュボードの形状から、非常に開放感があり、広く感じるオデッセイの助手席ですが、実は困ったこともあるのです。

ダッシュボードが全て曲面で構成されており、斜めになっているので、ケータイを置くスペースが、センターテーブルしかないのです。

そこで、ギャルソン DAD のフロントテーブルの取り付けを検討しました。

ギャルソン D.A.D フロントテーブル オデッセイ RB1/2

ギャルソンは、アフターパーツとしては高級メーカー。

それだけに、質感はバッチリ!

デザイン的にもオデッセイの内装にマッチしたカーブを描いたテーブルです。

但し、欠点がないわけではありません。

◆車検に通らない可能性がある。
◆エアバックが作動したときにどうなるのか心配。
◆テーブル下部の取り付け部分(純正のウッドパネル部)の質感がイマイチ。

他メーカーからもフロントテーブルは発売されていますが、デザインや質感は、ギャルソン製のフロントテーブルが一番!

と思いつつ、やはり車検の都度取り外すのは面倒で、購入は諦めたのでした。


テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

純正 アームレストコンソール

ディーラーオプションのアームレストコンソールです。
コンソールとリッドキットを組み合わせることで、アームレストコンソールになります。

[ホンダ純正部品]オデッセイ odyssey [DBA-RB1/2 ABA-RB1/2]アームレストコンソール(リッドキ... [ホンダ純正部品]オデッセイ odyssey [DBA-RB1/2 ABA-RB1/2]アームレストコンソール(コンソー...

簡単に取り付けられるだろうと考え、自分で取り付けすることに。

ディーラーで購入し、うちに持ち帰り、いざ取り付けようと思うと、取説明書が一切入っていないのです。(多分何かの手違いだと思うのですが…)

ディーラーは既に閉まっている時間、でもすぐに取り付けたい。

とりあえず、部品の形状だけを頼りに組み立てます。

なんとなく形が分かってきたところで、車に行き、まずは標準のアームレストを取り外します。

しかし、アームレストコンソールを取り付ける台座をどのようにシートに固定するのかが分かりません。

悩んだ挙句、運転席側シートの表皮をめくりあげる必要があることに気付き、運転席後ろのプラスチックパネルを外し、シート表皮をめくります。

台座の取り付け方向が分からず、困りましたが、何とか取り付け完了。

取り付け後の感想は…、

 ◆アブソルートの場合、本皮面積が増えるため高級感がUPします。
 ◆アームレストに腕を置くときに空振りしなくなります(^^♪
 ◆CDの保管場所が確保できます。
 ◆リッド背面にカード収納用のクリップがあり便利です。

デメリットとして、ウォークスルーが出来なくなる、というのがありますが、元々ウォークスルーするほど広くはないので、何の不自由も感じません。

シートを倒す場合には、取り外しもできます。
助手席を前、運転席を後ろに移動すると簡単に取り外せます。

実用性、ファッション性を兼ね備えた満足感の高いオプションです。


テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。