RBオデッセイカスタム日記

オデッセイRB1アブソルートに取り付けているパーツ、欲しいパーツ、気になるパーツを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オデッセイオーナーズマニュアル

講談社から発売されている『オデッセイオーナーズマニュアル』です。

 

RB系だけでなく、歴代オデッセイについて、起こりやすいトラブルや対処方法が紹介されています。

必要な作業の難易度や修理費用(パーツ代、工賃)の参考価格まで記載されており、非常に参考になる本です。

また、トラブルだけでなく、ドレスアップやチューニングの分野までカバーされています。

2004年10月発売のため、先代、先々代のRA系オデッセイに関係する内容が多いものの、オデッセイという車種に特化した本の割には安めの値段設定。

オデッセイオーナーなら、1冊は手元に置いておくと役立つことでしょう。


ブログランキング参加中!


その他のオデッセイ関連書籍はこちら↓

     


スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

純正スペアキー(キーレスエントリー無し)

純正スペアキー(キーレスエントリー無し)です。

060903_144033.jpg


この夏から、サーフィンを始めました。
そこで問題なのが、サーフィン中に車のキーをどうするか?です。

バンパーの裏側に隠したりする人もいるそうですが、どう考えてもそれは危険です。
これまではビーチにサンダルと一緒に置いていましたが、万が一、キーを盗まれた場合、キーレスエントリーのボタンを押せばどの車のキーかはすぐに分かってしまいます。

そこで、身に着けて入水できるように、キーレスエントリー無しのスペアキーを作成することにしました。

ホームセンターで作成できるのかを聞いてみたところ、約3000円。
イモビライザーが付いているので、エンジンがかからないのは分かっていたのですが、「ドアが開く保障はできません」とまで言われてしまいました。

そこで、ディーラーで作成してもらうことに。
費用4200円。
発注から出来上がりまで約3週間。
イモビライザーの登録が再度必要とのことで、作業時間約30分。
無事、エンジンのかかるスペアキーができあがりました。

入水する場合、「リーシュコード(サーフィンの板と足とを繋ぐコード)の中にキーを入れる」との話を聞いていたのですが、、、

結局、キーの頭!?の部分が大きすぎて入らず。
入ったとしても足首に巻きつけることはできそうにありません。

濡れても大丈夫なキーになったので、落とさない工夫をすれば良いのですが・・・。

ブログランキング参加中!

テーマ:こんなの買っちゃいました - ジャンル:車・バイク

トップフューエル ZERO-1000 パワーネオ プロフェッショナル

ガソリン価格が高止まりしてしまっています。
ニューヨークの原油価格も70ドルを越えたままの高止まり状態。
しばらくの間は、ガソリン小売価格の下落も期待できそうにありません。

となると、やはり気になるのは燃費グッズです。
オードバックスやイエローハットなどのカー用品店でも、大々的に燃費グッズコーナーが設けられています。

今、私が気になっているのがこちら。
トップフューエルの ZERO-1000 パワーネオ プロフェッショナルです。

トップフューエル ZERO-1000 パワーネオ プロフェッショナル
トップフューエル ZERO-1000 パワーネオ プロフェッショナル

これを燃料パイプに取り付けると、耐熱ネオジウム磁石なるもので、磁気の力でガソリンの分子を分解し、完全燃焼をしやすくなり、パワーや燃費が向上する…、のだとか。

立体パズルの如く、ギュウギュウ詰めの最近の車のエンジンルームに、強力な磁石製品を取り付けて悪影響はでないものかと心配してしまうのですが、悪影響が出るような商品だと、ここまで幅広く売られることはないでしょうから、大丈夫なのでしょう。

私が購入をためらっている最大の理由は、オデッセイの燃料パイプがエアクリーナーの裏側にあるため、取り付ける場合、エアクリ一式を取り外す必要がありそうなんです。

自分で取り付けるとなると、それなりの時間が必要だと考えると、躊躇してしまいます。

効果は半永久的。車種を問わず取り付け可能。とのことですので、1%でも燃費が向上すれば、長い目でみると元は取れるはずなのですが…。

テーマ:燃費 - ジャンル:車・バイク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。